「より安全に」、「より的確に」、「より迅速に」

お知らせ Information

二輪車安全運転全国大会においてバイク隊古賀弘樹が優勝しました

平成28年8月6日(土)、7日(日)の両日、三重県にある鈴鹿サーキットで開催された「第49回二輪車安全運転全国大会」において、バイク隊の古賀弘樹が、一般Bクラス(大型二輪車)で個人優勝、並びに団体優勝(東京)の栄冠に輝きました。
二輪車安全運転全国大会とは、「全日本交通安全協会」が主催する“二輪車運転者の安全運転技能と交通マナーの向上を図ることにより、交通事故を防止しよう”との目的で行われる二輪車の安全運転技術を競う大会で、47都道府県で行われる地区予選を勝ち抜いてきた強豪選手たちが、難しい関門をクリアしながら正確な操縦技術とタイムを競います。

 
 


古賀隊員に優勝の感想を聞いてみました

率直にとても嬉しく思っています。 私が勤務するバイク隊は、山手トンネルで発生する事故や車両火災の現場にいち早く到着し、お客様の避難誘導、初期消火などを迅速に行うことを任務とする職場です。事故が発生するとサイレンを鳴らし緊急走行を行うのですが、走行中に危険な状況に置かれた場合であっても安全に回避し現場に到着する高度な操縦技術が求められます。

 
  • 隊員の一日 One day of a member
  • 車両紹介 Introduction of cars
  • 隊員の声 Member's voice
  • ペーパークラフト paper craft