「より安全に」、「より的確に」、「より迅速に」
  • 神奈川事業本部 新横浜交通管理部 阿部翔也 30歳 入社 1年目
    NEW
  • 東東京事業本部 交通取締部 間部裕勝 30歳 入社 5年目
  • 東東京事業本部 箱崎交通管制部 加瀬谷剛 41歳 入社 18年目
  • 西東京事業本部 麻布交通管理部 特殊車両班 井上伸吾 32歳 入社 6年目
  • 西東京事業本部 バイク隊 遠藤優希 32歳 入社 8年目

Member's VOICE 西東京事業本部 麻布交通管理部 特殊車両班|井上伸吾 32歳 入社6年目

2016年4月1日 掲載

入社の動機

プライベートで首都高速道路を利用した際、黄色のパトロールカーを見かけ、「カッコイイ!いったいどのような仕事なのだろう」と興味を持ったことがきっかけです。調べたところ、24時間365日絶え間なくパトロールを行い、交通事故や故障車、落下物などあらゆる交通障害を一刻も早く取り除き、安心して通行できる状態に復旧させるといった大変重責を担った仕事であることが分かりました。首都圏の大動脈である首都高速の安全を守るために必要不可欠な存在で、とても働き甲斐があると思い入社しました。

現在の仕事

入社し巡回業務を4年程経験した頃、「特殊車両班」の社内募集があり、更にスキルアップをしたいという気持ちから、自ら手を挙げました。
特殊車両班とは、主に、中型レッカー車・運搬車・エアマットジャッキ車・ホイールローダーなどの運用を行う部署で、事故や故障で自走不能となった車両を速やかに移動し、安全で円滑な交通を取り戻すことが任務となります。

印象に残っている事案

配属されて間もない頃、管制室からのホットラインで、大型貨物車がパンクのため本線上で立ち往生しており大変危険な状況であるとの連絡を受け、緊張の中、出動しました。
現場に到着したところ、運転手さん自身で修理業者を呼んでいるが、到着までに数時間かかるとのことでした。このまま本線上に停止しているのは大変危険な状況である為、運転手さんと他の通行車両の安全を第一に考え、私達がタイヤ交換した方が安全であると判断し交換作業を行いました。作業が終了してホッとしていたところに、運転手さんから「これで配送時間に間に合うよ。ありがとう!」と、感謝の言葉を頂いたときには、“お客様のお役に立ててよかった”と、とても嬉しく思ったことが今でも記憶に残っています。
その時の気持ちを忘れずに、今も業務に励んでいます。

職場雰囲気

私の職場は、一つ一つの作業にミスが許されない業務を行っており、日頃から技術の情報を共有し合うなどスキルアップに努め、交通事故や故障車などで交通障害が発生した際には、特殊車両班が一丸となって速やかに障害を排除し車線を確保しようと懸命に努力するプロ意識とプライドを持った集団です。
無事に処理を終えて基地に戻ると、緊張から解放され冗談を言い合うなど笑顔がこぼれるアットホームで大変居心地の良い職場です。

私の趣味は野球です。職場と地元のチームに所属し、シーズン中は月に2~3回活動しています。
職場のチームでは、年に2回ほど伊豆で合宿を行っており、容赦のない厳しい(笑)練習でたっぷり汗をかいた後は、温泉に入って疲れを癒し、合宿のメインイベントである親睦会でキ~ンキンに冷えたビールを“プッハ~~ッ!”と飲み干すのが至福のひと時です。
気の合った仲間と取り留めもない話を夜遅くまで語り合うのが病みつきとなって、毎年2回の地獄の合宿(笑)が楽しみで毎回参加しています。