policy経営方針・行動理念

首都高パトロールは、首都高速道路上の交通管理業務を担う会社です。首都高グループの一員として首都高速道路株式会社の経営理念や経営ビジョンを共有し、5つの「経営方針」を掲げています。お客さまの安全・安心を守るため、日々の業務を安全・的確・迅速に遂行してまいります。

経営方針その1

お客さまの安全と快適走行

首都高速道路の「交通管理業務」という重責を担う会社として、社員一人ひとりが責任感を持って着実に業務を遂行しています。お客さまに、安全に快適に走行していただける環境を整備するのが私たちの使命であり、そのために業務の遂行に全力を尽くします。

経営方針その2

事故処理の迅速化

社員一人ひとりはもとより、警察や消防、その他の関係者機関と連携して事故処理の迅速化に取り組んでいます。そのためには、現場で的確な判断ができるよう日頃からの訓練を欠かせません。

経営方針その3

社会的使命感

首都圏の大動脈である首都高速道路の交通管理業務は、極めて公共性が高く、社会的責任が非常に大きい仕事です。その重責を果たすため、社員一人ひとりが常に「社会的使命感」を持って業務に取り組みます。

経営方針その4

チームプレーとコンプライアンスのプロ集団

円滑な「交通管理業務」を遂行するためには、社員一人ひとりが業務を習熟し、高度のコンプライアンス意識を持つことが大切です。そして、そうしたプロフェッショナルな社員によるチームプレーが不可欠と言えます。プロ意識の高い社員を育成し、強固な社内体制を構築します。

経営方針その5

明るく元気な職場

24時間365日絶え間なく業務を円滑に遂行していくためには、心身ともに健康で仲間意識を持った社員の存在が不可欠です。社員一人ひとりが、明るく元気に働ける職場環境を目指します。

行動理念

「より安全に」、「より的確に」、「より迅速に」

お客さまに首都高速道路を安心してご利用して頂くために、もっとも意識すべきことは「安全」です。首都高パトロールでは「使命感が安全を超えるな、安全こそ我が使命」という「安全スローガン」を掲げていますが、常に安全に気を配ることで的確に業務遂行を行い、的確に作業をすることが迅速な対応にもつながるものと考えています。つまり、「安全・的確・迅速」はワンセットであり、さらに「より」高い意識を持つ「より安全に」、「より的確に」、「より迅速に」という行動理念が、一分一秒を争う現場での隊員の心得となっています。