パトもっと!

lecture首都高パトロール隊が教えるシリーズ

タイヤ交換の方法

注意事項

①ジャッキが外れる可能性がありますので、必ず地面が固く平らな場所で作業しましょう。
②怪我防止のため、軍手など手袋をつけましょう。
③車の走行直後は、車両下部等が高温になっていてやけどをする恐れがあります。
十分注意して作業しましょう。

1.必要なものがそろっているか確認する

①スペアタイヤ、ジャッキ等必要な工具がそろっているか確認します。収納場所は、車の取扱説明書に記載されています。
②そろっていることが確認できたら、すべて取り外します。

2.車が動かないようにする

①パンクしたタイヤの対角線線上のタイヤに輪留めをかけます。
②シフトを「パーキング(P)レンジ」に入れます。
③サイドブレーキをかけます。

3.パンクしたタイヤを外す

①ホイールキャップを外します(ついていない車もあります)
②タイヤについているナットを全て、軽く緩めます。緩めるだけで外しません。
③車両下部のジャッキアップポイント(補強部分)にジャッキをあて、タイヤが少し浮くまでジャッキを上げます。この際、慌てずゆっくり丁寧に上げます。
④先ほど軽く緩めたナットを、今度は完全に緩めて取り外します。外したナットの紛失に注意しましょう。
⑤全てのナットを外しパンクしたタイヤを手前に引っ張ると、タイヤが外れます。外したタイヤは、スペアタイヤを装着するまでの間、車の下部に寝かして入れておきます。万が一ジャッキが外れた場合に、このタイヤが支えとなり、車体の落下を防ぐことができます。

4.新しいタイヤ(スペアタイヤ)を取り付ける

①新しいタイヤのホイールにあいている穴に、車両から出ているボルトを差し込み、タイヤをはめ込みます。
②タイヤがはまりましたら、先ほど外したナット全てを、まずは手で回して取り付けます。
③手では回りきらないところまで締めることができましたら、それぞれのナットを3回程度に分けて少しずつ工具(レンチ)を使い締めます。この際、対角線の順で締めてゆくと、しっかりと締めることができます。
④ジャッキをゆっくりと降します。
⑤再度、工具(レンチ)を使い、それぞれのナットを締めます。この際、先ほどと同様、それぞれのナットを3回程度に分けて、対角線の順で締めます。締める強さは、軽く体重をかける程度です。強すぎるとボルトが折れてしまいます。トルクレンチという工具を使用すると、正確な強さで締めることができます。

以上で交換は終了です。交換後、ガソリンスタンド等でタイヤの空気圧を確認しましょう。併せて、ナットにゆるみがないか、再度確認しましょう。

一覧に戻る

RECOMMENDおすすめコンテンツ

  • 数字で見る首都高パトロール
  • 首都高パトロールのいま・むかし
  • 首都高パトロール車両図鑑
  • ペーパークラフトぬりえ